リフォームブログ アーカイブ

●カテゴリー「NEWS」のアーカイブ

省エネ住宅エコポイント(窓廻り編)

2015/02/09
前回は水廻りのポイントをお伝えさせていただきましたが、今回は窓まわりの商品をご紹介させていただきます。

 

 

窓の断熱改修が、一番ポイントの還元が大きいと思います。

 

 

窓の改修方法は3つあり、

 

 

  1.内窓の設置

 

 

2.窓全体を入替

 

 

3.ガラスの交換

 

 

があります。

 

 

ポイントは下記の通りになります。

 

 

Img 02

 

 

その中でも、内窓の設置がお勧めになります。

 

 

窓の入替は外の外壁や内壁のクロスなど、色々な付帯する工事が出てきます。

 

 

ガラス交換は、ガラスをペアガラスにしてもサッシ枠が断熱性能がなければ結露等生じるため、しっかりとした断熱性能が求められません。

 

 

その点内窓の設置は、断熱サッシよりも断熱性能が上がり、工事も半日も掛からないで終わります。

 

 

参考価格ですが

 

 

大(1.7m×1.8m)サイズのインナーウィンドウですと¥55400でポイントが20000ポイントおりてきます。

 

 

実質、¥35400で取付可能になります。

 

 

  トイレなどに付いている小さい窓(0.75m×0.58m)は¥19000で8000ポイント下りてくるため

 

 

実質¥11000で取付可能になります。

 

 

半額まではいきませんが、かなりのポイント還元が見られます。

 

 

結露にお困りや家が寒いなどでお困りのお客様は、ご検討いかがでしょうか?

 

 

 

断熱リフォーム

2014/07/25

LIXILから新しい商品が出ましたので、ご紹介です。

 


『ココエコ』

 


NewImage








 

https://tostem.lixil.co.jp/lineup/kouhou/cocoeco/concept/

 

 

 

真空断熱材により、内側から断熱の改修工事を行う工法になります。

 

 

 

真空断熱材とは

 

「ココエコ」効果の秘密は、“真空断熱材”

魔法瓶や冷蔵庫に使われている真空断熱材

“真空の壁”で熱の移動をシャットアウト

真空断熱材は、お湯を長時間保温し続ける魔法瓶や、冷気をしっかり閉じ込める冷蔵庫などに採用されている高性能な断熱材です。
外気に面する部分と室内の間に、熱の移動を遮断する“真空の壁”をつくることで、高い断熱効果を実現。魔法瓶の中と同じような室内環境を生み出し、快適な室温をしっかりとキープします。なお、真空断熱材は、釘や画鋲などで穴が空くと真空でなくなり、断熱性能が落ちる恐れがありますので、ご注意ください。

厚さ12mm※で、驚きの高性能 ※他部材とのパネル化等で、壁面としての性能は異なります。

真空断熱材は、一般的な断熱材(グラスウール16kg)の18分の1の薄さで、同等の断熱性能を発揮。
壁をはがして分厚い断熱材を埋め込んでいたこれまでの工事とは異なり、薄さを活かして、部屋の壁や床に直接張付けてリフォームすることが可能です。

※真空断熱材中心部・初期値性能による比較。

こんなに薄いのに同等の断熱性能

当社でも今回の新築にも部分的に使用をする予定で注目している材料です。

 

 

以前までは、古い住宅で断熱効果の低い建物は中のボードを剥がしてウレタンフォームを吹きこむなど施工してきました。

 

その期間は部屋も使えず、工期もかなりの日数がかかります。

 

 

この商品は

 

1.既存の壁に断熱パネルを貼り

      ↓

2.壁紙等内装仕上げ

      ↓

3.リフォーム完了!!

 

 

最短で1日で行えます。

 

 

 

使ってない部屋はそのままで、主な寝室や居間など部分的に改修も可能で、冷暖房費の削減も可能になります。

 

インナーサッシ等の組み合わせにより、さらに断熱効果が期待されます。

 

 

 

厳しい冬の寒さが来る前に、いかがでしょうか?

 

 

自身を持ってお勧めの商品です!!

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップへ